相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

相続税還付事例
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

相続税還付事例 4

相続税還付が行われる可能性のある事例をご紹介いたします。
実際に還付された事例ではありませんのでご注意ください。
実際に還付されるかどうかは、その他個別の事情などにより異なります。

騒音、高圧線、忌地、日照障害、異臭、高低差のある土地がある場合

被相続人のAさんは、一等地に土地を保有していました。
相続税評価にして、約5億円。これに対する相続税は税率50%とし2億5,000万円です。
しかしこの土地は、周りを高層の建物に囲まれており、日当たりがよくありません。


日照障害がある、騒音が激しい、高圧線が上を通っている、異臭がする、道路と高低差がある、など、利用価値が低い土地は、一定の評価減を行うことができます。
本来の評価額の10%も減額することが可能です。
例えば、日照障害があるような場合には、税理士が実際に現地に赴き調査などを行っていないような場合には見逃しがちとなります。


さて、上記のケースの場合、5億円の土地の評価が、10%減の4億5,000万円となります。
相続税還付額は、2,500万円です。


このようなケースに心当たりのある方。
ぜひ一度、相続税還付の専門税理士にご相談ください。

面談のお申し込み