相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

相続税還付事例
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

相続税還付事例 5

相続税還付が行われる可能性のある事例をご紹介いたします。
実際に還付された事例ではありませんのでご注意ください。
実際に還付されるかどうかは、その他個別の事情などにより異なります。

不動産経営をされていた場合

被相続人のAさんは、都心にテナントビルを保有し、不動産経営を行っていました。


テナントと賃貸借契約を結んだ場合、通常、テナントから敷金を預かります。
敷金というのは、将来、テナントが退去する場合に返還しなければならないもの。
よって、被相続人にとっての債務。つまり、相続財産からマイナスすることができるのです。
これは、相続税申告に不慣れな税理士が見逃しがちなポイントです。


上記のケースにおいて、2,000万円の敷金があったとしましょう。
すると、Aさんの相続税率が50%とすると、1,000万円の還付が受けられます。


このようなケースに心当たりのある方。
ぜひ一度、相続税還付の専門税理士にご相談ください。

面談のお申し込み