相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

コラム

相続税をはじめ、さまざまな税についてのコラムを発信いたします。
2015/01/26
205.死亡保険につく遅延利息は相続税の計算対象外
相続人が受け取る生命保険(死亡保険)に、“遅延利息”が付される場合がありますが、これは相続税の計算対象となりません。
2014/12/22
204.市街化調整区域の雑種地
市街化調整区域の雑種地については、周囲の状況が類似する地目に準じて評価をします。宅地比準により評価する場合には、建築制限等の有無により30%又は50%の斟酌をすることが可能です。
2014/11/17
203.3階建賃貸マンションが建っている場合の広大地適用について
相続税評価対象地において、すでに3階建ての賃貸マンションが建っている場合は、広大地の適用は難しいのでしょうか。 原則は、難しいですが、状況次第では、そのような土地についても広大地の適用を受けられる可能性があります。
2014/10/15
202.死亡退職金と弔慰金の支給による節税
被相続人が同族会社の経営者である場合には、死亡退職金と弔慰金の非課税枠を利用した相続税と法人税の節税が有効です。
2014/09/24
201.墓地の近くにある土地の相続税評価
墓地の近くにある土地は、周囲の土地と比べて売買時に敬遠されることがあることから、相続税評価を行う際にも10%減額できる可能性があります。
2014/08/22
200.宅地比準方式における宅地造成費の控除
評価する土地が農地や雑種地の場合、宅地化するためにかかる費用である宅地造成費等を自用地評価額から控除することが可能となっております。
2014/07/30
199.容積率の違いによって土地評価を減額できる場合
容積率の違いによって、土地の評価額を減額できる場合もあります。
2014/07/04
198.戸籍謄本の収集
相続税申告をする際、戸籍謄本の原本が必要になります。
2014/05/02
197.戦没者等の遺族等に対して発行される記名国債
国債の中には、『戦没者等の遺族等に対して発行される記名国債(交付国債)』と呼ばれるものがあります。
2014/04/08
196.相続放棄とみなし相続財産
相続放棄を選択したとしても、放棄者本人が死亡保険金や死亡退職金といったみなし相続財産を受け取っている場合には、当該財産は相続放棄の対象とならないため、相続税を納税する義務が生じます。
2014/03/17
195.土地の評価額を減額(その2)
前回のコラムにて紹介した旗竿地評価について、詳しく評価方法をご説明します。
2014/03/04
194.土地の評価額を減額
相続税の還付については、土地の評価を減額することで、還付を行うことができる可能性が高いです。
2014/01/31
193.前年分の所得税を還付請求することが出来る場合
所得税法140条1項において、青色申告書を提出する居住者は、その年において生じた純損失の金額がある場合には、当該申告書の提出と同時に、納税地の所轄税務署長に対し、下記(1)に掲げる金額から(2)に掲げる金額を控除した金額に相当する所得税の還付を請求することができるとされております。
2014/01/22
192.扶養義務者(父母や祖父母)からの「生活費」又は「教育費」の贈与を受けた場合
国税庁が、扶養義務者(父母や祖父母)からの「生活費」又は「教育費」の贈与を受けた場合の贈与税に関するQ&Aを公表しました。
2013/12/18
191.平成24事務年度の相続税調査の状況が公表されました
平成25年11月25日に、国税庁より平成24事務年度(平成24年7月〜平成25年6月)の相続税の調査状況が公表されました。
2013/10/16
190.葬式費用〜告別式を2回に分けて行った場合
葬式費用の範囲は、基本的には、死者を葬る儀式にかかる費用とされております。
2013/10/09
189.広大地に係る具体的な評価計算(路線価の判定)
財産評価基本通達24-4(広大地の評価)の(注)2において、「その広大地の面する路線の路線価」はその路線が2以上ある場合には、原則として、その広大地が面する路線の路線価のうち最も高いものとする」と定められています。
2013/09/09
188.サラリーマンの事業承継?
お父様がご自身で所有されている土地で事業を営まれていた場合、小規模宅地等の特例(特定事業用宅地等)を適用するためには、親族がその事業を相続開始時から相続税申告期限までに引継ぎ、申告期限まで引き続きその宅地を所有し、その事業を営んでいることが必要となります。
2013/09/03
187.日本に住んでいない孫に対して教育資金の一括贈与を行う場合
教育資金の一括贈与の非課税特例を活用して、お孫様に対する教育資金の一括贈与を検討されている方は少なくないと思います。
2013/07/30
186.土地の評価の見直し
申告済みの相続税について、法定申告期限から5年以内であれば相続税が還付されることがあります。
2013/06/18
185.固定資産税の還付
いわゆる縄縮みにより、現況地籍が登記地籍より小さく、固定資産税が登記地籍に従って課税されている場合には相続税の還付だけでなく、固定資産税の還付も見込まれます。
2013/05/14
184.未分割で申告した場合の更正の請求について
相続税の申告義務が生じた場合において、遺言書がないときは、その申告期限までに相続人間で遺産分割を終えなればなりません。
2013/04/22
183.同族会社に貸付金がある場合
相続税の申告をした際に被相続人の同族会社に対する貸付が多額にあった場合、その回収可能性を吟味して、回収不能と認められる部分に関しては相続財産からの控除できる場合があります。
2013/03/18
182.還付
相続税の申告は、原則として相続人又は受遺者が相続又は遺贈により取得した財産について、課税価格及び税額を計算して申告する必要がありますが、現実には法定申告期限日までに遺産の分割が行われない場合があります。
2013/02/18
181.「庭内神し」の敷地について
平成24年7月に、国税庁より『「庭内神し」の敷地等に係る相続税法第12条第1項第2号の相続税の非課税規定の取扱いの変更について』というお知らせが発表され、庭内神しの敷地が非課税になりました。
2013/01/28
180.相続税の還付について
相続税申告書を提出して納税した後に、申告書に記載した計算に誤りがあり、申告書に記載した相続税額が正しい税額より多かったときは、税金を納めすぎたことになります。
2012/12/10
179.離婚による財産分与は贈与税が非課税
離婚の際に、慰謝料や財産分与という金銭や物などの財産が支払われることが多くあります。
2012/10/15
178.縄伸び縄縮みにご注意
土地の相続税評価額は、次のように計算します。
2012/09/24
177.私道の評価について
私道とは、私有地のうち複数の者の通行の用に供されている宅地をいい、道路法や建築基準法の道路に該当するか否かを問いません。
2012/08/06
176.利用価値が著しく低下している宅地の評価
評価する宅地の利用価値が、付近の利用状況と比較して著しく低下していると認められる場合には、その宅地についての評価額を減額することができます。
2012/06/19
175.相続税還付ができる場合
相続税について専門知識を有する税理士は少ないため、専門としていない税理士に依頼した場合、相続税を払いすぎていることがあります。
2012/05/07
174.23年度税制改正により更正の請求で出来るようになったこと
平成23年度の改正により、「配偶者に対する相続税額の軽減」について当初申告要件が廃止されました。
2012/04/23
173.更正の請求の期限
平成23年税制改正により、平成23年12月2日以降に申告期限が到来した相続税申告については、更正の請求の期限が5年間に延長となり、過去の申告納税額が過大であった場合に過去5年分まで税金を取り戻すことが可能となりました。
2012/03/26
172.死亡退職金の取り扱い 
遺族が、被相続人に支給されるべきであった退職手当金、功労金その他これらに準ずる給与(これらを退職手当金等という)で被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したものを受け取ったときは相続税の対象になります。
2012/02/20
171.利用価値の著しく低下している宅地の評価 
評価対象の宅地が、近傍宅地の利用状況と比較して、著しく低下していると認められる場合には、利用価値が低下していると認められる部分の面積に対応する価額に10%を乗じて計算した金額を控除することができます。
2012/01/30
170.無道路地の評価 
建築基準法上の道路に2メートル以上接していない場合には、原則的に建物を立てることができません。
2011/12/28
169.特殊なケースの土地評価(河川を隔てて道路がある場合の土地評価) 
評価対象地である宅地と路線価が付されている道路との間に河川又は水路があるような宅地の評価は、橋や評価対象地までの通路の部分も含めて評価します。
2011/11/30
168. マンション敷地 
マンションの敷地の評価については、マンション敷地全体の評価額に敷地権割合を乗じて算出します。
2011/10/31
167. 遺産未分割の場合の相続税の申告について 
相続税の申告書の提出期限までに相続財産の分割が行われなかった場合には、どうなるのでしょうか?
2011/9/12
166. 更正の請求と更正の請願の違い
納める税金が多すぎた場合や還付される税金が少なすぎた場合に更正の請求という手続きがあります。
2011/8/15
165. 相続を放棄した者に係る債権者について
相続放棄した相続人の債権者がその事実を知らず、かつ予想もできない場合でも、その放棄者の相続分を差し押さえることはできず、放棄者以外の相続人が相続財産の全部に対する権利を主張できます。
2011/7/25
164.養子が2人以上いる場合の法定相続分について
民法上では、法定相続分の養子の数には制限が無いため、普通養子縁組は2人以上でも可能となります。
2011/6/20
163.遺留分について
民法では、被相続人が遺言によって財産を自由に処分できることが認められていますが、その一方で、相続開始後の遺族の生活を保障するため、一定範囲の遺族に相続財産の留保をさせるのが遺留分の制度です。
2011/5/20
162. 定期金給付契約に関する権利について
平成22年度税制改正により相続税法第24条に規定されている「定期金に関する権利」の規定に変更が加えられました。
2011/5/01
161.相続税の基本的な節税対策とは
相続税の節税対策として、最も基本的な考え方としては、遺産の課税対象額を減額することです。
2011/4/30
160.他に貸付けた宅地について
所有土地に建築した家屋を他に貸し付けている場合は、貸家建付地として、その敷地の評価額は2割程度下がり、また、その家屋の評価額については約3割程度評価が下がります。
2011/3/13
159.広大地の減額規定について
標準的な宅地の地積に比して著しく地積が広大であり、かつ、都市計画法第4条第12項に規定する開発行為(※1)を行うとした場合に、道路等の公共公益施設用地の負担が必要である宅地については、通常の路線価に広大地補正率を乗じ、その価額にその広大地の地積を乗じて計算した金額によって評価します。
2011/2/20
158.土地評価の前提となる単位とは?
土地の評価単位は、必ずしも、1筆の単位とは限りません。2筆にまたがってご自宅が建っている場合や利用区分の異なる複数建物がある土地、利用区分は同じだが、複数の建物が建っている土地等、さまざまな土地があります。
2011/1/30
157.所得税更正処分取消請求事件
昨年7月6日に出た「所得税更正処分取消請求事件」の最高裁判所の判決から、生命保険に関する税金について、大きな変更がありました。
2011/1/9
156.土地の評価が減額できる?
路線価の設定されていない道路にのみ接している土地を評価する場合には、税務署に特定路線価の設定申請をします。
2010/12/19
155.更正の請求の期限が5年に延長されます
12月16日に閣議決定した税制改正大綱によると、従来1年であった更正の請求の期限が5年に延長されることになります。
2010/11/28
154.相続財産を寄付すれば、相続税はかかりません
相続税の申告期限までに、相続財産を国、地方公共団体、特定の公益を目的とする事業を行う特定の法人等に寄付した場合(特定の公益信託の信託財産とするために支出した場合も含む)には、その財産は相続税の課税価格に含まれません。
2010/11/07
153.海外にある相続資産、追徴課税の実態
以前のコラムでも海外にある財産について、税務調査等で積極的に調査が行われている実態をお伝えしました。具体的な数値について、某新聞社が調べた結果がありますので、ご紹介します。
2010/10/17
152.相続税 税務調査のターゲットは奥様名義の預金
相続税の税務調査が行われる際に、相続人の預金がチェックされます。
2010/09/26
151.相続税の納め過ぎても、税務署は教えてくれません
相続税や贈与税、申告所得税、法人税、消費税といった、自己申告制度を適用している税金については、その申告に間違いがあって、税金を多く納め過ぎていたとしても、税務署は教えてくれません。
2010/09/05
150.空地や駐車場用地に、アパートや貸家を建てて生前対策
自己資金又は借金をしてアパートや貸家を建てれば、相続の際に土地の評価額はそうでないときよりも低くなります。
2010/08/15
149.海外にある相続財産の評価
財産を相続した相続人が日本人である場合は、基本的には、海外にある財産(国外財産)についても、日本の相続税の課税対象となります。
2010/07/25
148.都市計画道路予定地内にある宅地
都市計画道路予定地の区域内となる部分がある土地については、相続税額を減額することができます。
2010/07/04
147.相続権のない本来の相続人
相続人としての立場にある人が、相続権を失う場合があります。それが、相続欠格と相続廃除です。
2010/06/20
146.養子縁組と相続税
養子縁組をすることにより、相続税の負担を一部軽減することができます。
2010/05/09
145.相続税更正の請求(嘆願)期限
相続税の申告期限から5年以内の方であれば、相続税減額または還付の可能性があります。
2010/04/11
144.相続税の還付ができそうな土地
相続税の還付要因はほとんどが、土地の評価の見直しです。
2010/03/21
143.相続税の基礎控除と小規模宅地の特例と申告義務の関係
相続したからといって必ず相続税がかかる訳ではありません。相続財産が一定額を超える事によって初めて相続税が発生します。
2010/03/14
142.売却と物納はどちらが有利?
土地を売却して相続税を支払う場合には、おおよそ20%の譲渡所得税 ( 15% )・住民税 ( 5% ) を支払わなくてはなりません(取得原価が不明の場合)。
2010/03/07
141.定期金の権利評価見直しで、使えなくなる生命保険を使った対策
生命保険を利用した相続税の節税策がまたひとつ封じられることになりそうです。
2010/02/28
140.養子の人数と相続税の関係
遺産に係る基礎控除額は、5,000万円+1,000万円×法定相続人の数の算式で計算します。
2010/02/21
139.遺産分割協議書の作成は必要か?
遺産は現金、銀行預金のみで、不動産がない場合でも、遺産分割協議書は必要でしょうか?
2010/02/14
138.相続税の申告のために必要な準備
相続税申告には、多くの手続きがあり、税理士等の専門家の判断が諸種の局面で必要となります。
2010/02/07
137.未分割申告の注意点
相続税の申告は、相続財産が分割されていない場合であっても、期限までにしなければなりません。
2010/01/31
136.相続税の税務調査
税務署の事務年度は毎年7月〜翌年6月末日となっています。
2010/01/24
135.国税不服審判所まで戦います!!
税務署から指摘を受けて納得できない時には、こちらの国税不服審判所に訴えを起こします。
2010/01/17
134.相続財産の評価額を減らしたい
資産の評価を減らすことができれば、相続税の納付額が少なくなります。
2010/01/10
133.相続税法24条改正
ついに改正されることになりそうです。相続対策の目玉、相続税法24条。
2010/01/03
132.法定相続分課税から遺産課税への転換
相続税の課税方式である法定相続分課税方式から「遺産課税方式」への転換が実現しそうです。
2009/12/27
131.事業を承継した相続人が青色申告者になるための青色申告承認申請書の提出期限
事業を承継した相続人が青色申告者になるための青色申告承認申請書(以下「申請書」といいます)の提出期限は、被相続人が青色申告をしていたかどうか、相続人が事業を営んでいたかどうかにより次のように区分されます。
2009/12/20
130.生前贈与(110万円暦年贈与)の方法 〜そのA〜
連年贈与に注意が必要です。毎年繰り返し贈与することを、連年贈与とよびます。
2009/12/13
129.生前贈与(110万円暦年贈与)の方法 〜その@〜
贈与については年間110万円以内であれば、無税で贈与することができます。
2009/12/06
128.相続税の申告期限の延長に関するQ&A
相続税の申告期限が延長されるための法令上の要件の一つに、被相続人が会社の代表権を有していたこととされていますが、具体的に、どの時点で判定すればよいのでしょうか。
2009/11/29
127. 被相続人の準確定申告に係る還付金、還付加算金は相続財産??
還付金請求権は(本来の)相続財産であり、相続税の課税の対象となります。
2009/11/22
126. 土地と家屋の相続税評価
相続税や贈与税を計算するときに、相続や贈与などによって取得した土地や家屋がいくらになるか評価する必要があります。
2009/11/15
125. 納骨費用は葬式費用として債務控除できるのか
相続税の計算上、納骨費用は葬式費用として債務控除できるのでしょうか。
2009/11/08
124. 弔慰金を受け取ったときの取扱い
被相続人の死亡によって受ける弔慰金や花輪代、葬祭料などについては、通常相続税の対象になることはありません。
2009/11/01
123. 相続税がかからない財産
相続税がかからない財産のうち主なものは次の七つです。
2009/10/25
122. 相続財産から控除できる葬式費用
相続税を計算するときは、被相続人の葬式にかかった費用を遺産額から差し引くことができます。
2009/10/18
121. 相続税の申告は税理士さんに頼んだ方がいいの?自分でできないの?
相続税申告を自分ですることは可能です。
2009/10/11
120. 特定路線価とは
相続税や贈与税の申告をする場合に、路線価地域において、路線価の設定されていない道路のみに接している土地を評価する必要があるときには、特定路線価の設定の申出をすることができます。
2009/10/04
119. 非嫡出子の相続差別、結論は合憲
最高裁より非嫡出子の相続分についての判決が出たのでご紹介します。
2009/09/27
118. 相続人が未成年の場合
相続人の中に未成年者がいる場合には、未成年者の相続人は遺産分割協議に直接参加することはできません。
2009/09/20
117. 相続放棄とは
一般的に相続放棄を選択するときはマイナスの財産が明らかに多い場合や、相続争いなどに巻き込まれたくない場合に行います。
2009/09/13
116. 相続税申告における葬儀費用の取扱い
相続税の計算をする際には、葬儀費用を相続財産から差し引いて計算されます。
2009/09/6
115. 遺言書に関する注意点
遺言書には大きく3つの種類があります。@自筆証書遺言A公正証書遺言B秘密証書遺言です。
2009/08/30
114. 遺言書でできること
遺言書の内容でもどのような事項が法的に拘束力を持つのでしょうか。
2009/08/23
113. 生前贈与のメリット
相続が発生した際、遺産をめぐって相続人同士で争うことがあります。
2009/08/16
112. 貸付金の放棄と債務免除益??
被相続人が会社に対して貸付金があった場合にも、当該貸付金は相続財産として申告する必要があります。
2009/08/09
111. 使用貸借では土地は更地評価??
使用貸借による土地の賃借人には、賃貸借ではないため、借地借家法における借地権という権利は存在しないことになります。
2009/08/02
110. 遺留分が侵害された場合の対応方法
遺留分とは遺言によっても侵されることのない、相続人として最低限の相続ができる権利のことをいいます。
2009/07/26
109. 相続税申告書の提出方法 その2 遺言書がある場合
遺言にすべての財産の分け方が指示されていれば、分割協議は必要ないからです。
2009/07/19
108. 相続税申告書の提出方法 その1 遺産分割協議が纏まらない場合
相続税の申告は、相続人全員がその内容を確認し、一つの申告書を連名で提出するのが一般的です。
2009/07/12
107. 広大地評価の特例とは
相続税における土地評価の方法に、「広大地」の評価があります。
2009/07/05
106. 平成21年度の路線価が公表されました
7月1日に平成21年度の路線化が国税庁より発表されました。
2009/06/28
105. 相続税の配偶者控除とは
特に、配偶者の場合は、これからの生活資金や夫婦で協力して財産を築き上げてきたことが考慮され、配偶者だけに認められた配偶者控除があります。
2009/06/21
104. 包括受遺者と相続人の違い
包括遺贈とは、「遺産の何分の1(ないし全部)を甲に与える」 というように、 遺産の全部またはその分数的割合を指定するにとどまり、 目的物を特定しないでする遺贈のことをいいます。
2009/06/14
103. 準確定申告とは
相続の開始があったことを知った日の翌日から4ヶ月以内に申告と納税をしなければなりません。
2009/06/7
102. 相続人に海外居住者がいる場合の遺産分割
相続人が海外にいる場合、遺産分割協議書の署名押印はどうすればいいのでしょうか?
2009/05/31
101. 中古賃貸用マンション購入時の消費税計算方法注意点
非課税売上に対応する部分も含めて仕入控除税額を計算しているケースが散見されているようです。
2009/05/24
100. 共同相続人が単独で被相続人の預金口座の開示を請求可能か?
答えは「できる」という最高裁判決があります。
2009/05/17
99. 遺産分割協議書の作成の方法
遺産分割協議書は特に様式は指定されていません。内容を明確にし、全員が自署、押印(実印)すれば大丈夫です。
2009/05/11
98. 入院等で空き家になっていた場合でも小規模宅地の特例を使えるのでしょうか?
今回のコラムでは、よくある2つのケースについて、それぞれ小規模宅地の特例の適用が可能であるかどうかをご説明します。
2009/05/03
97. 相続時精算課税制度のメリット・デメリット
相続時精算課税制度を選択すると、贈与しても、2500万円までの財産には税金がかかりません。
2009/04/26
96. 相続税法24条
相続税法24条というのは「年金受給権の評価」といわれる税制です。
2009/04/19
95. 相続税の連帯納税義務
連帯納税義務とは、一緒に相続した人のうち、誰かが相続税を払えない場合には、その他の相続人で税金を負担しなくてはならないというものです。
2009/04/12
94. 追加経済対策 贈与税の非課税枠が610万円に
住宅の購入・改修資金に充てることを条件に、贈与税の非課税枠が現行の110万円から610万円へと、500万円上積みされました。
2009/04/05
93. 経営承継法における非上場株式の評価方法のガイドラインを公表
中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律
2009/03/29
92. 遺産分割後に別の遺産があることがわかったら?
遺産分割協議後に他の相続財産が見つかることもあります。
2009/03/22
91. 相続税申告は二次相続も考慮しましょう
配偶者が財産を相続した場合、法定相続分までは相続税がかからないと聞きました。
2009/03/15
90. 生前贈与にはご注意を
名義だけを変更した預金は全て容赦なく、税務調査で指摘されますので注意しましょう。
2009/03/08
89. 親子間借入金について
贈与を受けたものとして贈与税の対象として取り扱われる場合があります。
2009/03/01
88. 事業用資産の買換特例について
この事業用資産の買換特例を最大限に適用できると、譲渡所得に対して最大80%の所得税が繰延べられます。
2009/02/28
87. 相続税の節税対策・生前対策について
相続税の生前対策や、節税対策で最も重要なことは、できる限り早くご相談頂くことです。
2009/02/22
86. 非上場株式の相続税評価額について
非上場会社の株式といっても、その株式を所有する株主の持株数等によって価値が異なります。
2009/02/15
85. 赤字会社を利用した適格合併
赤字会社と適格合併を行うと、被合併法人がもつ繰越欠損金を引き継ぐことができます。
2009/02/08
84. 東京局 平成20年分の確定申告期間の取組みを公表
今年もいよいよ確定申告の季節がやってきました。
2009/02/01
83. 消費税還付について
日本では何か物を購入すると消費税を5%支払わなくてはいけません。
2009/01/25
82. 不動産管理会社 まとめ
管理料徴収方式や転貸方式では
2009/01/18
81. 不動産管理会社 各種方式のポイントご説明
3つの設立形態の留意点
2009/01/11
80. 不動産管理会社とは?
会社をつくると税金が安くなる
2009/01/04
79. 新事業承継税制 猶予税額計算方法の詳細が明らかに
新事業承継税制の猶予税額の計算方法が発表されました
2008/12/21
78. 相続税の遺産取得課税への変更当面見送り
平成21年税制改正大綱が12日発表となりました。
2008/12/14
77. 配偶者控除と扶養控除の所得要件について
年末調整の季節がやってきました。
2008/12/07
76. 一周忌法要後は相続税還付のご依頼を
一周忌法要が終了し、故人がお亡くなりになられた後の手続き等はおおよそ終了します。
2008/11/30
75. 事業承継対策としてのM&A
事業承継には様々な対策があり、その対策の一つとして、M&Aが浮上します。
2008/11/23
74. 金庫株活用の相続対策におけるメリット
「金庫株」とは、会社が自己の発行した株式を自ら買い取った、いわゆる「自己株式」を指します。
2008/11/16
73.成年後見制度とは 〜その2 相続人の中に認知症等の方がいるケース〜
遺産分割協議も、法律行為であるため、有効な遺産分割を行うためには、
2008/11/09
72.成年後見制度とは 〜その1 相続税の生前対策の場合〜
成年後見制度とは、認知症の人や知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分なために
2008/11/02
71.マイホーム譲渡益の特例について
不動産を売却して譲渡益がでた場合、その益に対して譲渡所得として所得税が課税されます。
2008/10/26
70.遺留分の侵害がある場合の相続税申告はツライ・・・
遺言に遺留分の侵害がある場合の相続税申告は相続人にとって、なかなかツライものです。
2008/10/19
69.税金の時効について
提出した申告書に誤りがあり、納めた税金が少ない場合、税務署が課税を行うには法定の期限があり、それが時効となります。 
2008/10/12
68.相続税申告の期限までに遺産分割が間に合わない・・・
遺産が未分割な状態にあるときの相続税の計算方法や未分割であるためのデメリット等をご説明します。 
2008/10/05
67.小規模宅地の特例を分かりやすく説明します
今日は相続に関してご質問の多い、小規模宅地の特例の適用についてご説明します。 
2008/09/28
66.相次相続控除とは
例えば、ある人が父親を亡くした数年後に、今度は母親を亡くしたとします。 
2008/09/21
65.お布施、戒名料に領収証は貰えない?
相続税の申告に際しては、葬儀に要した金額は債務と同様に財産の金額から控除される 
2008/09/14
64.遺産分割がまとまらない時、揉めた時はどうすればいいのか?
遺産分割について、相続人間で協議ができないとき、 
2008/09/07
63.葬儀後にすること、手続き等
葬儀後にすることや手続きは実はかなりたくさんあり、 
2008/08/31
62.代償分割と換価分割、どっちが有利??
遺産の全部または一部を売却し、その代金を各相続人の相続分に応じて配分する方法を換価分割といいます。 
2008/08/24
61.相続税申告書の申告期限と提出先
相続税の申告は、相続の開始があったこと(被相続人が死亡したこと)を知った日の 
2008/08/17
60.遺産分割協議書作成の仕方について
相続財産はそのまま法定相続人に法定相続分の割合で分配してもかまいませんが、 
2008/08/10
59.「相続発生時に役に立つ専門家とその役割」
相続では、多くの専門家にアドバイスや業務の依頼を行うことになります。 
2008/08/03
58.四十九日法要後は相続税申告のご相談を
「四十九日法要」とは、お葬式後に初めて行う法要です。 
2008/07/27
57.相続税は期限内に納めましょう
相続税申告書は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内に提出しなければなりません。 
2008/07/20
56.後継ぎ遺贈型の受益者連続型信託
従来は「遺言」によって財産を誰にどれだけ残すか決めてきました。 
2008/07/13
55.事業承継対策としての生命保険の活用 〜その3〜
ケーススタディ3
2008/07/06
54.事業承継対策としての生命保険の活用 〜その2〜後編
ケーススタディ2 後編
2008/06/29
53.事業承継対策としての生命保険の活用 〜その2〜前編
ケーススタディ2
2008/06/22
52.事業承継対策としての生命保険の活用 〜その1〜
ケーススタディ1
2008/06/15
51.倍率地域に所在する不整形地等の個別事情のしんしゃくの可否
倍率方式により評価する宅地について、評価すべき宅地が
2008/06/08
50.国外財産の評価方法は?
私の父は商社勤務で外国駐在期間が長く、相続財産のうちに外国に所在する土地や
2008/06/01
49.老人ホームに入居した場合でも小規模宅地の特例の適用はあるの?
被相続人は、居住していた建物を離れて老人ホームに入所しましたが
2008/05/25
48.土地・建物の譲渡損失は損益通算できるの?
土地を所有しているが、借入の返済、利息、固定資産税の負担が大変
2008/05/18
47.あるかもしれない相続財産の調査方法
故人が所有している財産を相続人が完全に把握していない場合
2008/05/11
46.土地や建物を売った時の税理士報酬は譲渡費用になるの?
土地や建物を売った時の税理士報酬
2008/05/04
45.「住宅ローン控除」の制度がもうすぐ終了します
住宅ローン控除とは、
2008/04/27
44.うっかり子の名義で登記したら贈与税を取られるの?
登記というものは必ずしも真実の所有関係を表してはいません。
2008/04/20
43.固定資産税とは?
固定資産税は、
2008/04/13
42.海外の生命保険で相続対策
海外の生命保険とは?
2008/04/06
41.他の相続人に知られずに生命保険を受取る
被相続人が保険料を負担
2008/03/30
40.未支給年金は一時所得?
未支給年金とは、
2008/03/23
39.未分割遺産から生じた債権は誰のもの?
後の遺産分割にかかわらず
2008/03/16
38.被相続人に多額の借金がある場合には注意が必要です。
債務は遺産分割の対象ではない
2008/03/09
37.遺言執行人は第三者を指定しましょう
遺言執行者とは相続人の代わりに
2008/03/02
36.ヘソクリは課税対象??
配偶者の多くは大なり小なりヘソクリをしている
2008/02/24
35.一周忌法要と共に相続税の還付を
一周忌(いっしゅうき)とは
2008/02/17
34.亡くなっても所得税の申告が必要です。
準確定申告とは、
2008/02/10
33.借金は相続したくない方
相続は放棄又は限定承認をしないと
2008/02/03
32.家で遺言を見つけたら・・・
遺言者の死亡を知った後、
2008/01/27
31.「相続時精算課税による贈与」と「暦年課税による贈与」の選択の注意点
相続時精算課税制度を一度選択すると、
2008/01/20
30.「相続時精算課税制度」とは?
相続時精算課税制度とは、
2008/01/13
29.自分でできる土地の評価
土地の相続税評価額を自分で計算
2008/01/06
28.相続税の税務調査 その3
申告漏れ相続財産の種類
2007/12/30
27.相続税の税務調査 その2
申告漏れの指摘の割合は…
2007/12/23
26.相続税の税務調査 その1
税務調査は必ずくる!?
2007/12/16
25.配偶者は相続税がかからないの?
配偶者は相続を受けても税金がかからないと、よくいわれます
2007/12/09
24.贈与税110万円控除の注意点
贈与税は、個人が1月1日から12月31日までの
2007/12/02
23.生命保険は相続対策?
生命保険による相続税の納税対策
2007/11/25
22.限定承認とは
限定承認とはプラスの財産の範囲で負の財産を
2007/11/18
21.遺言信託とは
遺言信託とはどのようなサービス
2007/11/11
20.ユニセフ相続税セミナー
、世界の子供たちのために
2007/11/04
19.事業承継税制改正
「80%以上」の大幅軽減
2007/10/28
18.相続税を試算してみましょう
相続税は死後発生するものではありますが・・
2007/10/21
17.相続税を払う人
相続税を払わなければならない人は
2007/10/14
16.1億円の土地が500万円に!
相続税の申告なんて誰がやっても同じ・・・
2007/10/07
15.遊休資産を活用しよう!
不動産が生み出す収益を次世代へ移転
2007/09/30
14.連帯保証に注意しましょう
相続で大変なのは、被相続人が亡くなってから
2007/09/23
13.土地の評価は難しい・・
遺産の中でも評価額の大きい土地の評価は重要です。
2007/09/16
12.お墓は相続税の課税対象?
お墓は相続税の対象になりません・・・
2007/09/09
11.日本一高い土地はどこ??
8月に路線価が発表されましたが、日本一高い土地はどこなのでしょうか?
2007/09/02
10.税理士は相続税のプロ??
税理士だからといって必ずしも相続税のプロというわけではありません
2007/08/26
9.全国賃貸住宅新聞に掲載されました
当HPが全国賃貸住宅新聞の記事として掲載されました・・・
2007/08/19
8.相続税還付の可能性
一度納めた相続税が還付される可能性は・・・
2007/08/12
7.減額できる土地
変な形の土地、広い土地、高低差のある土地・・・
2007/08/05
6.路線価の発表
2007年8月1日路線価が発表されました・・・
2007/07/29
5.税理士の高齢化
近年、税理士の高齢化が進んでいます・・・
2007/07/22
4.世界の相続税
世界の相続税は日本に比べて・・・
2007/07/15
3. 還付の行える理由
どうして一度支払った相続税が戻ってくるのか・・・
2007/07/08
2. 相続税還付の実状
相続税還付はどの程度行われているのか・・・
2007/07/01
1. 公示価格の上昇
一度、支払った相続税が戻ってくるなんて本当にあるの…