相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

世界の相続税-2007/07/22-

日本における相続税は、10%〜50%までの超過累進税となっています。つまり、相続財産が多ければ多いほど、税率が高くなるという仕組みです。
では、日本以外の世界の相続税はどうなっているのでしょうか。
比較してみて見ましょう。


<日本>

各法定相続人
の取得金額
税 率 控 除 額
〜1,000万円 10% 0万円
〜3,000万円 15% 50万円
〜5,000万円 20% 200万円
〜   1億円 30% 700万円
〜   3億円 40% 1,700万円
3億円 超 50% 4,700万円


<イギリス>
税率は、相続財産に係らず一律40%となっています。

<フランス>
税率は、5%〜40%で6種類あります。

<マレーシア>
0%。つまり無税です。

<アメリカ>
税率は課税対象になる遺産の額(課税標準)に応じて18%から60%の18段階に分かれています。

しかし、2010年には相続税が廃止されることになっています。

<スイス>
0%。つまり無税です。



このように世界標準から見ても、日本の相続税は非常に高くなっています。残念ながら法律は法律ですので文句を言っても仕方ありません。しかし本当はもっと低く抑えられことができた相続税を多く支払っている場合には、払いすぎた分については返してもらいましょう。
定められた法律の中で最善の税金申告を行うことが大切です。相続税は故人の残された大切な財産から支払われています。故人の意思を大切にするためにも一度相続税還付を検討してみてはどうでしょうか?



← 戻る