相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

相続放棄とは -2009/9/20-

一般的に相続放棄を選択するときはマイナスの財産が明らかに多い場合や、相続争いなどに巻き込まれたくない場合に行います。
相続放棄をするためには、相続人の間で相続を放棄すると言ったり、合意したりのように、意思表示だけでは法的な効力はありません。よって意思表示をしただけであれば単純承認(被相続人のプラスの財産もマイナスの財産もすべて相続すること。)したと見なされてしまいますので、財産を一切相続する意思がない場合には、必ず家庭裁判所に相続放棄申述書を提出する必要があります。
具体的には「自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内」に、家庭裁判所に対して「相続放棄申述書」を提出しなければならず、家庭裁判所に認められれば、「相続放棄陳述受理証明書」が交付され、この証明書が相続放棄をした証明となります。
この期間内に申述しなかった場合は、単純承認したものとみなされますので注意が必要です。
また相続放棄は各相続人が「単独」で行うこととなりますので、ほかの相続人と足並みをそろえる必要はありません。
ただし、3ヶ月以内に相続放棄をするかどうか決めることが出来ない特別の事情がある場合は、家庭裁判所に、「相続放棄のための申述期間延長」を申請することにより、この3ヶ月の期間を延長してもらえる場合があります。
また、相続開始前の相続放棄は認められていません。
相続放棄する場合は、必ず、「自己に相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内」に、家庭裁判所に申述しなければ効力はありません。ちなみに、遺留分は相続開始前の放棄も可能となっています。
相続放棄したとしても、以下に該当する場合は、単純承認したものとみなされますので注意が必要となります。
@相続人が相続財産の全部、または一部を処分した。
A相続人が相続放棄をした後であっても、相続財産の全部、または一部を隠匿したり、消費したり、わざと財産目録に記載しなかった。
ただし、葬儀費用を相続財産から支払った場合には、単純承認とはなりません。


← 戻る