相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

相続税の税務調査 -2010/01/31-


税務署の事務年度は毎年7月〜翌年6月末日となっています。このため、税務署の人事異動等を考慮に入れると、相続税の税務調査は、秋頃に行われることが多いようです。 また時期としては、申告後1年〜2年後にされることがほとんどです。つまり申告後、2年を過ぎても調査の連絡がない場合には、ひとまずは安心でしょう。

税務調査当日は、標準で、2名の調査官が、1日5時間ほどで2日間に渡り調査を行います。また相続税の税務調査の場合は、家庭のナイーブなところにも、ズバズバと質問が来ますので、あまり感情的にならず、質問されたことに淡々と答えるスタンスで挑みましょう。

調査ポイントは、ここで列挙すればきりがないですが、預金の生前贈与や、隠し口座、名義資産等の指摘が多くを占めます。

税理士法人チェスターは、相続税専門の事務所として、税務調査にもきっちりとご対応させて頂き、意見を主張させて頂きます。また申告書の作成段階から、税務調査で聞かれそうな項目をあらかじめ説明しておく文書を添付したり、書面添付制度を導入する等して、税務調査対策もしっかりと行います。


← 戻る