相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

相続を放棄した者に係る債権者について -2011/8/15-


相続放棄した相続人の債権者がその事実を知らず、かつ予想もできない場合でも、その放棄者の相続分を差し押さえることはできず、放棄者以外の相続人が相続財産の全部に対する権利を主張できます。
相続の放棄の効力は絶対的であり、何人に対しても、登記等をなくしてその効力を生ずると解すべきであって、「放棄した相続人の債権者が相続財産たる未登記の不動産について、右相続人も共同相続したものとして、代位による所有権保存登記をしたうえで、持分による仮差し押さえ登記をしても、これらは無効とされる。」という判決がなされています。


← 戻る