相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

更正の請求の期限 -2012/04/24-


平成23年税制改正により、平成23年12月2日以降に申告期限が到来した相続税申告については、更正の請求の期限が5年間に延長となり、過去の申告納税額が過大であった場合に過去5年分まで税金を取り戻すことが可能となりました。
 平成23年12月1日以前に申告期限が到来した相続税申告については、残念ながら従来通り申告期限から1年間です。
ただし、平成23年度税制改正大綱において、次のような文言があります。
「今般の更正の請求に関する改正趣旨を踏まえ、過年分についても、運用上、増額更正の期間と合わせて、納税者からの請求を受けて減額更正を実施するよう努める」
これに伴い、更正の請求期限(1年)を過ぎた年分にかかる納税者からの減額更正の申出に対応するため、新たな様式「更正の申出書」が定められました。
上記をまとめると、次のように整理できます。
■ 申告期限から1年以内 ⇒ 更正の請求(納税者の権利)
■ 申告期限から2年、3年以内 ⇒ 更生の申出(新制度)
■ 申告期限から4年、5年以内 ⇒ 更生の嘆願(従来通り税務署長に対するお願い。)




← 戻る