相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

23年度税制改正により更正の請求で出来るようになったこと -2012/05/07-


平成23年度の改正により、「配偶者に対する相続税額の軽減」について当初申告要件が廃止されました。これは、今までは相続税の申告の機会にのみ適用できていた「配偶者に対する相続税額の軽減」という制度を、更正の請求によっても行えるようになったということです。
ただし、この更正の請求ができるのは、平成23年12月2日以降に申告書の提出期限が到来する方に限定されます。
「配偶者に対する相続税額の軽減」とは、被相続人の配偶者は、これからの生活資金や夫婦で協力して財産を築き上げてきたことが考慮され、1億6,000万円または配偶者の法定相続分の2つの内どれか高い方までを非課税とすることができる制度です。
平成23年12月2日以降に申告書の提出期限が到来していた方で、配偶者に対する税額の軽減の適用を失念してしまったという方は、是非ご相談ください。




← 戻る