相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

続税還付ができる場合 -2012/06/19-


相続税について専門知識を有する税理士は少ないため、専門としていない税理士に依頼した場合、相続税を払いすぎていることがあります。
特に、亡くなった方の遺産のほとんどが土地である場合には、相続税を払いすぎていることが多いです。
なぜなら、土地の評価を正確に行うには経験が必要であり、経験が少なければ少ないほど、土地の評価が正確でなくなります。
亡くなった方が、以下に掲げるような土地をお持ちであった場合には、一度相談をしてみてはいかがでしょうか。
・都市計画道路予定地の区域内にある土地
都市計画道路の予定地にある場合において、建物の建築に際し、その構造や回数に制限を受ける(2階建てより高い建物は建てられないなど)土地をいいます。
・広大地  その地域の他の土地に比べて、著しく広い土地の場合には、広大地に該当する可能性があります。
もしこのような土地の場合には、税金が戻ってくる可能性が高いです。なぜなら、このケースは極めて稀であり、相続専門の税理士でないと正確に評価することはできないからです。
・1つの土地を複数の利用区分に分けることが出来る場合
 登記簿では1筆の土地でも、例えばその土地に、自宅や貸家、賃貸アパートなどがある場合には、その利用区分に分けて評価します。特に、貸家や賃貸アパートの部分の土地は貸家建付地に該当すれば、最大で20%減額することが出来ます。
他にも、形がきれいでない土地(不整形地)、地下に地下鉄のトンネルがある土地、自宅の隣が墓地である土地などがあります。





← 戻る