相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

相続税の還付について -2013/01/28-


相続税申告書を提出して納税した後に、申告書に記載した計算に誤りがあり、申告書に記載した相続税額が正しい税額より多かったときは、税金を納めすぎたことになります。納めすぎた税金は、「更正の請求」で還付してもらいます。
 平成23年12月2日以後に申告期限が到来する相続税については、申告期限から1年以内とされていた更正の請求が、申告期限から5年以内まで行えるように改正されました。
改正前は申告期限から1年を超えてしまうと更正の請求ができず、それ以後の申告期限から5年以内までは「嘆願」という方法で相続税の還付を受け付けてもらえる場合がありましたが、手続き自体の知名度も低く、更正の請求ほどの利用度はありませんでした。
 上記のとおり、平成23年12月2日以後に申告期限が到来する申告については、更正の請求の提出期間が申告期限から5年以内へと延長されましたが、平成23年12月1日までに申告期限が到来する申告については、提出期間は従来通り申告期限から1年以内です。







← 戻る