相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

広大地に係る具体的な評価計算(路線価の判定) -2013/10/09-


 財産評価基本通達24-4(広大地の評価)の(注)2において、「その広大地の面する路線の路線価」はその路線が2以上ある場合には、原則として、その広大地が面する路線の路線価のうち最も高いものとする」と定められています。この規定は、広大地に該当する土地が複数の路線に面しているときは、補正率等関係なく一番高い路線価を正面路線とするよう規定されています。(下図参照)
路線価の判定1
 しかし、最も高い正面路線価の影響を受ける度合いが著しく低いと認められる場合(上記の「原則として」の部分の例外的な取扱い)には最も高い正面路線以外の路線価を用いることができるものと考えられます。(下図参照)
路線価の判定2
 相続税の還付案件の大部分を占める要素は土地の評価の減額です。相続税を多額にお支払された方は是非、相続税専門の税理士法人チェスターまでご相談下さい。

← 戻る