相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

土地の評価額を減額(その2) -2014/03/17-


前回のコラムにて紹介した旗竿地評価について、詳しく評価方法をご説明します。

(1) 評価対象地である無道路地を不整形地とみなして、不整形地補正率適用後の評価額を計算します。
(下記@・Aのうち低い数値となります)

@ 評価対象地(A)・想定整形地(B)より求められる蔭地(C)による蔭地割合に対応する不整形地補正率×通路部分(D)に対する間口に対応する間口狭小補正率

A通路部分(D)に対する間口に対応する間口狭小補正率×奥行長大補正率

(2) 無道路地であることのしんしゃく額を求めます。
(下記@・Aのうち低い数値となります)

@ 実際に利用している路線の路線価×(D)の接道義務にもとづく通路解説部分の地積
A (1)で求めた不整形地補正率適用後の評価額×40%

(3) 評価対象地である無道路地の評価額を求めます

(1) により求めた不整形地補正率適用後の評価額−(2)でもとめたしんしゃく額

土地の評価額を減額(その2)

← 戻る