相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

相続放棄とみなし相続財産 -2014/04/08-


相続放棄を選択したとしても、放棄者本人が死亡保険金や死亡退職金といったみなし相続財産を受け取っている場合には、当該財産は相続放棄の対象とならないため、相続税を納税する義務が生じます。このとき、みなし相続財産の非課税枠の計算上は放棄がなかったものとされますが、相続放棄者本人には、非課税規定の適用はありません。

【設例】
被相続人甲の死亡により、配偶者乙、子Aおよび子Bに死亡保険金が支払われた。なお、子Bは相続放棄を選択している。

【身分関係図】
相続放棄とみなし相続財産

【被相続人甲の死亡により支払われた死亡保険金額】

受取人受取金額
20,000千円
A10,000千円
B10,000千円
※保険料負担者は被相続人甲である。

@ 非課税枠
5,000千円×3(乙・A・B)= 15,000千円

A 非課税となる金額
乙:15,000千円×20,000千円/30,000千円(= 乙20,000千円+ A10,000千円)= 10,000千円
A:15,000千円×10,000千円/30,000千円 = 5,000千円
※Bには非課税規定の適用なし。

B 相続税の課税価格に算入される金額
乙:20,000千円 - 10,000千円 = 10,000千円
A:10,000千円 - 5,000千円 = 5,000千円
B:10,000千円



← 戻る