相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

 -2008/02/03-



遺言者の死亡を知った後、自書証書遺言書(遺言状)と秘密証書遺言書(遺言状)の保管者又はこれを発見した相続人は,遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して,その「検認」を請求しなければなりません。また,封印のある遺言書は家庭裁判所で相続人等の立会いの上開封しなければならないことになっています。 家の机から発見する等して勝手に開封してしまった場合には、遺言の効力が無くなってしまうため注意する必要があります。こういったリスクを回避するためにも公正証書遺言があるのです。

← 戻る