相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

 -2008/02/24-



一周忌(いっしゅうき)とは、故人が無くなってから1年経ち喪があける故人が無くなって一年後の命日のことです。一周忌までが喪中です。一周忌が喪が明けるわけです。

相続税申告も終了し、落ち着くこの時期にもう一度相続税申告を思い返してみましょう。

過去にお支払いになった相続税が戻ってくることがあります。

例えば医者であれば外科・内科・眼科等の専門があるように、税理士にも専門分野があります。日本の税理士の大半は法人税や所得税を専門にする方が多く、相続税について専門知識を有する税理士は少数です。

相続税申告経験の少ない税理士に仕事を依頼するということは、手術経験の少ない医者に手術を依頼するようなものなのです。
このような現状から相続税が事後的に還付されることがあるのです。

特に下記にあてはまるような方については、相続税が還付される可能性が高くなります。

@相続税の納税額が500万円を超えている
A相続財産の中に占める土地の割合が高い

上記の条件を満たす方については、一度弊法人にご相談下さい。面倒な手続きは不要で、当初の相続税申告書をお持ち頂くかご郵送頂くだけで、還付が可能かどうかを判断させて頂きます。

また実際に還付が成功しなければ、報酬が発生することもありませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。

相続財産は故人の遺した大切なものです。
当サイトをご覧になって少しでもお心あたりのある方はお気軽にお問い合わせ下さい。
支払い済みの相続税が還付されます。

相続税申告専門の税理士法人チェスター
電話:03−6225−4171
Mail:info@chester-tax.com


← 戻る