相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

 -2008/04/20-



固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)に、土地、家屋、償却資産(これらを固定資産といいます)を所有している人が、その固定資産の価格をもとに算定された税額を、その固定資産の所在する市町村に納める税金です。固定資産税を納める人は、原則として固定資産の所有者です。固定資産税及び償却資産税については課税標準額に税率を乗じる事により税額を算出する。税率は各市区町村が設定することが可能で、標準税率は1.4/100である。固定資産税については住宅用地については税率負担が低くなる等の軽減特例が設けられているため、取得固定資産や保有固定資産が軽減特例適用の条件にあてはまっていないかを確認してみましょう。



← 戻る