相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

 -2008/05/18-



故人が所有している財産を相続人が完全に把握していない場合は少なくないでしょう。 こういった場合に、相続財産をもれなく調べつくすことはなかなか難しいものです。 しかし、調べる方法がまったくないというわけではありません。 相続財産にもいろいろなものがありますが、ここでは金融資産の調査方法についてご説明致します。 故人が利用していたであろう金融機関(銀行、証券会社など)の支店に相続人が赴き、残高証明書の発行を依頼することで可能です。 残高がゼロの場合でも発行されるため、請求のつど、手数料がかかってしまいます。そのため、全銀行の全支店分の残高証明書の発行を依頼することは不可能に近いと言えます。金融機関によっては、上得意などであれば全支店の残高を検索してくれる場合もありますが、通常は行ってもらえません。ある程度、めぼしをつけて付近の金融機関に赴くしか方法はありません。 めぼしのつけ方としては、故人の通帳などがあれば、そこの金融機関を基点に預金移動などを調べるか、もしくは故人の生活圏内の金融機関の支店などを絞り込むなどです。例えば、職場の近くの金融機関などです。



← 戻る