相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

 -2009/3/22-


 配偶者が財産を相続した場合、法定相続分までは相続税がかからないと聞きました。やはり、どのようなケースでも配偶者は法定相続分まで財産を相続し、残りを子供に相続させたほうが相続税は少なくなるのでしょうか?


よくこのような質問をお客様からお受けします。


確かに配偶者は、自分の法定相続分、もしくは1億6千万円まで、財産を相続しても相続税は免除されてゼロになります。「 配偶者の税額軽減の特例 」という取り扱いです。 しかし配偶者に相続財産を多く相続させることが必ずしも得策ではあるとはいえません。 なぜなら配偶者が相続した財産は、いずれ配偶者の方がお亡くなりになられた場合に、その相続人に相続され、相続税の課税対象となってしまうためです。


親から子供へ財産が移るためには、2度相続税がかかるといわれるのはこのためです。将来発生する配偶者の相続( 第2次相続 )における相続税まで考えれば、第1次相続において法定相続分まで相続しないほうが相続税の合計額は少なくなる場合があります。


二次相続まで含めた相続税対策は、専門家の助言がなければ難しいものです。財産の額が多く、二次相続が不安な方は一度、当法人へご相談下さい。1次2次相続を含めた相続税のシミレーションを行い、最適な遺産分割案のご提案を行います。



← 戻る