相続税還付.jp 相続税専門の税理士が相続税還付をお手伝いします。

税に関するコラム 相続税還付
  • TOPページに戻る
  • 相続税還付とは
  • 変換の可能性
  • 運営主体
  • サービスの流れ
  • Q&A
  • お問い合わせ

 -2009/3/29-


 遺産分割協議後に他の相続財産が見つかることもあります。この場合には、原則として、その遺産についてのみ、再度、遺産分割協議を開催することになります。

後で財産が見つかった場合には、再度遺産分割協議書を作成し、追加の相続税申告を行う必要があります。またその追加分については、延滞税も発生してしまいます。

通常、遺産分割協議後に財産が見つかるケースとしては、2〜3年後の税務調査の時が多いようです。

このため、遺産分割前にきちんと相続人の方が、被相続人の遺産を調査し、財産目録を作成することが大切になります。後々の揉め事を避けるためにも、遺す側の方が、お亡くなりになられる前に一度ご自身の財産目録を作成された方がいいかもしれません。

遺産分割協議後に財産や債務が発見された場合の取り決めとして、通常は以下のような記載を遺産分割協議書に残しますので、遺産分割協議書に署名捺印する前に確認してみるといいでしょう。

「なお、本協議書に記載なき遺産・債務並びに後日判明した遺産・債務は、相続人全員で別途協議して決めるものとする。」



← 戻る